似ているようで違う!カラコンとサークルレンズ

おしゃれ

目の印象をガラッと変える、オシャレのためのコンタクトレンズ「カラコン」と「サークルレンズ」。どちらも似ているようですが、いったいどんな違いや特徴があるのでしょうか。

カラコンとサークルレンズの違い

印象をガラッと変えたい or 自然に変えたい

「カラコン」は、日本人の自然な瞳の色である黒やブラウン以外に、レッドやイエローなどのカラーや模様のバリエーションが豊富。瞳の印象そのものをガラッと変えたい方向け。
あえてカラコンをしていることを強く見せるようなカラーが多いのが特徴です。
「サークルレンズ」は、実際の黒目よりやや大きくカラーリングられたレンズで、こちらは自然に瞳を大きくしたい方向け。
ブラックやブラウンなど自然なカラーが多いので、近くに寄らないとコンタクトレンズをしているのかどうかがわかりません。

カラコンとサークルレンズ、どちらが良い?

カラコンは、一目見て使用しているのがわかるため、ファッションでコンタクトレンズもアピールしたいときに使用するのがおすすめです。
サークルレンズは、できれば人に気付かれずに、自然に瞳を大きくして目元をぱっちりとさせたいときに使用しましょう。
職場や学校などでもナチュラルに違和感なく使用することができますよ。

選ぶときのポイントは?

どんな印象になりたいか、それぞれのお好みで選ぶのはもちろんですが、目の健康もきちんと考えたうえで選ぶようにしましょう。屋外で長時間使用する場合は含水率が高くうるおいたっぷりなものや、UVカット機能が付いたものが良いでしょう。
これらのコンタクトレンズは、通販やコスメ、ドラッグストアなどで簡単に手に入ることもありますが、初めてのコンタクトレンズ購入の際には医師の処方が必要です。
医師の診察を受けずに、目にあわないコンタクトレンズを使い続けたり長時間つけたままにしていたため、角膜の防御機能低下による角膜炎や重篤な角膜潰瘍になってしまったというケースがありますので、必ず眼科医の診察を受けるようにしてください。
正しい使用方法と正しいケアで、健康的にオシャレを楽しみましょう。
ピュアショップは全店舗が眼科に隣接しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。