アイコン

コンタクトの選び方

ソフトコンタクトハードコンタクトの違い

icon

ソフトコンタクトレンズ

レンズ自体に水分を多く含み柔らかいため、つけたときに目になじみやすいのが特徴。角膜を覆うほどサイズが大きいため、ズレにくいのも大きなメリットです。一方で、一般的なものは酸素透過性が低めで、レンズが乾燥したり汚れがつきやすかったりといった欠点も。なお、長期装用を前提としたタイプと、一定期間で新しいものに交換するタイプ、1日だけの使い捨てタイプがあります。

icon

ハードコンタクトレンズ

レンズにほとんど水分を含まない硬質タイプで高い耐久性を誇ります。そのため使い捨てなどはなく、長期の使用を前提とします。最近は酸素透過性の高いものが多く、長時間の装用でも目に負担が少ないのが特徴です。光学部の矯正力が高く、乱視の矯正に強い半面、その硬さゆえに破損しやすい、サイズが小さく角膜からズレやすいといったデメリットもあります。

コンタクトレンズの使用期限

ソフトコンタクトレンズの現在の主流は「1日使い捨て型」もしくは「2週間/1ヶ月交換型」です。

これらは開封したらそのタイミングから使用期間を数え始めます。例えば2週間交換型のレンズを開封し、2週間経過した場合、期間中に1回しか装用していなくても、必ず新しいものに交換しましょう。

ハードコンタクトレンズの場合は、毎日装用後に洗浄とすすぎと定期的なタンパク除去処理を行うものが主流です。使用期限は2~3年のものがほとんどとなっていますので、期限が来たら新しいものを購入しましょう。

また目の状態によっては、定められた使用期間よりも短い期間でのみ装用が可能な場合もあります。目の健康のためには、眼科医の指示に従って正しく使用しましょう。

さまざまなコンタクトレンズ

乱視用コンタクトレンズ

角膜や水晶体にゆがみが生じてしまうと、目に入る光の屈折率がバラバラになってしまいます。それが原因で物の見え方が二重になったり、正確にとらえることが難しくなってしまう状態が「乱視」です。乱視用のコンタクトレンズは、独特なカーブが特徴。レンズの厚さが均一ではないため、角膜のゆがみに該当する部分に反対のゆがみを持つ部分がくるようにはめこむことで、ゆがみを打ち消すことができます。

遠近両用コンタクトレンズ

薄暗いと文字が見えづらい、小さい文字を読むのに焦点が合いにくい、目が疲れやすくなり肩凝りがするなど、年齢とともに起こるこうした症状。近くや遠くのものを見るときに使う毛様体筋の衰えにより、ピントの役割を果たす水晶体の厚みの調節がうまくいかないことが原因です。遠近両用コンタクトレンズは、近くのものと遠くのものがそれぞれ見えやすいようにサポートすることが可能です。年齢に応じた種類も豊富です。

カラーコンタクトレンズ

通常のコンタクトレンズに、瞳全体の印象が変わるようなカラーリングやデザインを施したもので、「デカ目効果」が期待できるアイテム。オシャレに敏感な若い女性に大人気です。カラーやサイズはもちろん、ハード、ソフト、度入りなしなどさまざまなタイプがあり、ドラッグストアなどでも気軽に購入ができます。しかし、目の健康のためにも、一度眼科医の診断を受けてからの購入を強くおすすめします。

サークルレンズ

カラーコンタクトレンズと同じく、瞳を大きく見せることができるコンタクトレンズです。しかし、カラフルで個性的なカラーコンタクトレンズに対して、サークルレンズは日本人の瞳にあわせた黒や茶色といったナチュラルなカラーが多いのが特徴です。瞳より少し大きいサークル状にカラーリングされているので、なじみがよくとても自然な仕上がりに。こちらもソフト、ハードなどさまざまなニーズに応じたタイプがあります。