img

アイコン

シニアの方へ

老眼(老視)は年齢とともに近くのものにピントを合わせる調整力が弱くなるために起こる症状です。近くの小さい文字が読みづらくなったり、近くから遠くへ、遠くから近くへとピントを合わせるのに時間がかかるようになってきます。
一般的に40代前後から始まると言われています。

老眼の矯正と言えば思い浮かぶのが「老眼鏡」です。しかし老眼鏡だと「なくしたり忘れたりしたときが大変!」「いちいちつけはずしをしなければいけないのが面倒」といった煩わしさがあります。またこれまでコンタクトレンズを使ってこられた方にとっては老眼鏡をかけることでこれまでの雰囲気や印象が変わってしまうため、抵抗があるかもしれません。そんなとき、ぜひ検討いただきたいのが遠近両用のコンタクトレンズです。
コンタクトレンズといえば、若い人が使っているという印象が強いと思われるかもしれません。しかし実際には多くのシニアの方が老眼の矯正としてコンタクトレンズを利用しています。

「遠近両用コンタクトレンズ」がおすすめ

眼鏡だと、1日中かけているのが負担で顔の疲れや肩凝りがするといった悩みが多く聞かれます。また老眼を自覚しだした頃であれば、これまでの印象を変えたくないために「老眼を周囲に知られたくない」とお思いの方もいらっしゃるようです。

「遠近両用コンタクトレンズ」は近くから遠くまで見える度数が1枚のレンズに入っています。見たい距離にピントを合わせて、自然に見えるように工夫がなされているのです。ライフスタイルに応じて1日使い捨てや2週間使い捨てといったさまざまなタイプから選べます。
これまでコンタクトレンズとは無縁だった方の場合、最初は違和感を感じますが装用の練習をすることで慣れますので心配はいりません。(※ただし個人差があります)

老眼鏡と使い分けることで、趣味のスポーツや手芸などでも大活躍。身体を動かしたり集中力が必要な場面には最適です。また、ファッションやメイクなどのオシャレを自由に楽しめることも魅力です。

1日使い捨て遠近両用ソフトコンタクトレンズ

コンタクトレンズのしくみと料金例

使い捨てタイプの場合

コンタクトレンズを3ヵ月ごとに店頭でお渡しします

  • 一度にお渡しできるのは両眼約3ヵ月分までです

使い捨てタイプの場合の料金例


2WEEKメニコン プレミオ トーリックの場合

1箱6枚入り

毎月定額 1,800円(税別)

  • メルスプランご加入時

1日使い捨てタイプや2週間交換タイプ、ハードコンタクトレンズなどさまざまなタイプがあります。あなたのライフスタイルに合ったコンタクトレンズをご提案しますので、店頭にてご相談ください。